【無料講演レポート】
「シリコンバレー発テクノロジーの新潮流 日本企業はどうする?」

※日本能率協会が発行する無料メールマガジンに登録させていただきますが、ご不要であれば簡単に配信解除できます。

一般社団法人日本能率協会

〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
一般社団法人 日本能率協会
経営人材センター ものづくりチーム
TEL:03-3434-1410 / FAX:03-3434-3593
E-mail:njs@jma.or.jp

■ 講演者
  スタンフォード大学 アジア太平洋研究所リサーチアソシエート
  櫛田健児 氏

     1978年生まれ、東京育ち。父親が日本人で母親がアメリカ人の日米ハーフ。
     2001年6月にスタンフォード大学経済学部東アジア研究学部卒業(学士)、
     2003年6月にスタンフォード大学東アジア研究部修士課程修了、
     2010年8月にカリフォルニア大学バークレー校政治学部博士課程修了。
     情報産業や政治経済を研究。現在はスタンフォード大学アジア太平洋研究所研究員、
     「Stanford Silicon Valley - New Japan Project」のプロジェクトリーダーを務める。
     おもな著書に『シリコンバレー発 アルゴリズム革命の衝撃』(朝日新聞出版)、
     『バイカルチャーと日本人 英語力プラスαを探る』(中公新書ラクレ)、
     『インターナショナルスクールの世界(入門改訂版)』(アマゾンキンドル電子書籍)がある。


■ 講演テーマ
  「アルゴリズム革命の衝撃とシリコンバレー ディスラプションを起こし続ける経済圏



下記のフォームを入力して、「今すぐ無料レポートを受け取る」をクリックしてください。
ダウンロードURLをお送りします。
【主な内容】
  • イントロダクション
  • 著書「シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃」について
  • シリコンバレーで起こっている革命とは?
  • 変革の流れを侮ってはいけない
  • すべての根底はアルゴリズム革命
  • スタートアップの正しい芽の出し方
  • Googleのすごさ
  • AIの流れ
  • シリコンバレーを活用するには
  • 大企業とベンチャーの共存について
  • オープンイノベーションについて
  • シリコンバレーを活用するポイント
  • 日本企業へのアドバイス
  • プロセッシングで注意を払うべきこと
  • スタートアップとの関係の構築の仕方

著書:「シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃
視察団 講演録 001
Silicon Valley – New Japan Summit 2017 Silicon Valleyを主催しているスタンフォード大学 櫛田氏の
講演プレゼン資料および講演録を希望者へプレゼントいたします。