【無料ダウンロード】
2018 管理職の「働き方改革」に対する意識アンケート
※日本能率協会が発行する無料メールマガジンに登録させていただきますが、ご不要であれば簡単に配信解除できます。
こちらのフォームにメールアドレスを入力して、「送信する」をクリックしてください。
ダウンロードURLをお送りします。

また、働き方改革について個別相談会を開催致します。

ご希望の日時、または別途打ち合わせ可能な時期などをご入力の上、送信くださいますようお願い申し上げます。

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、企業の「働き方改革」を支援する各種研修プログラムを開催しています。

 このたび、2018年5月~7月に、小会の主催する管理職向けセミナー参加者を対象に、管理職としての「働き方改革」への意識について聞くアンケート調査を実施しました。

 その結果、自社の働き方改革については、「有給休暇の取得」と「職場のコミュニケーション促進」については進んでいると評価する一方、「会議・打ち合わせ時間の短縮」については、半数以上は進んでいないと回答しました。

 また、働き方改革実現のため、自身が身に付けたいスキルとして、人の領域、業務の領域の2つの領域から聞いたところ、人の領域では、「コミュニケーション力」が圧倒的多数に、続いて「人材育成力」が
続きました。業務の領域では、「業務改善・効率化」「マネジメント力」が多数あげられました。

以下、アンケート結果、事務局所感、講師所感を報告いたします。