ジョブ理論 
イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

書籍ダイジェスト【無料プレゼント】
※日本能率協会が発行する無料メールマガジンに登録させていただきますが、ご不要であれば簡単に配信解除できます。

『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

Competing Against Luck(2016)

クレイトン・M・クリステンセン/タディ・ホール/カレン・ディロン/デイビッド・S・ダンカン 著 依田 光江 訳

出版社 ハーパーコリンズ・ジャパン

序.この本を「雇用」する理由
1.ミルクシェイクのジレンマ
2.プロダクトではなく、プログレス
3.埋もれているジョブ
4.ジョブ・ハンティング
5.顧客が言わないことを聞き取る
6.レジュメを書く
7.ジョブ中心の統合
8.ジョブから目を離さない
9.ジョブを中心とした組織
10.ジョブ理論のこれから

ダイジェスト版購読をご希望の方は、メールアドレスを登録の上「この本のダイジェスト版を読む」ボタンをクリックしてください。登録いただいたアドレスにお送りします。
仕事のヒントになる!話題づくりに活かせる!
必読書籍をコンパクトに要約したダイジェストを無料プレゼント
※本ダイジェストは、書籍ダイジェストサービスSERENDIPの一部を提供するものです。