【無料プレゼント】日産自動車講演「逆風下のリーダーシップ 修羅場が人をつくる」

この小冊子は、2015年6月3日に行われました、「JMAマネジメント・インスティチュート 開講式」にて、日産自動車株式会社 代表取締役副会長 志賀俊之様(役職当時)にご講演いただいた内容を抜粋し、作成したものです。

JMAマネジメント・インスティチュート(以下、JMI)とは、一般社団法人日本能率協会(以下、JMA)が
1990年から開講している、次期経営者・幹部候補生の為の長期選抜型の研修群の総称です。

1980年代後半当時、JMAでは「今日ほど経営環境が“変化の時代”を迎えているときはない」ととらえ、
「ハイスピードに変化する時代における大企業の基幹人材」を育成するプログラムの開発に早急に
着手することを決めました。

そして1990年、日本能率協会は、「新しい時代・未来を切り拓く経営者・幹部の育成に役立つための、
企業人に対する本格的な長期教育機関」として、次期経営者・幹部候補生の為の研修プログラム「JMI」を
開講いたしました。
 
毎年行われる開講式では、多種多様な企業の経営者の方にお越しいただき、ご自身の経営者としての持論を
お話しいただいております。

2015年度は、「逆風下のリーダーシップ 修羅場が人をつくる」と題しまして、
日産自動車株式会社 代表取締役副会長 志賀俊之様にご講演いただきました。

同社がどのような成長戦略を描いてV字回復を達成したのか、その舞台裏でどのような努力を
なさっていたのか、志賀様のご経験談を交えながら語っていただきました。

日産自動車 志賀俊之様 講演の様子

ご講演の中で志賀様は、人が育つために必要な要素は「修羅場」であると語っておられます。

イノベーションを起こす必要性は以前から提唱されておりますが、前例踏襲から脱し、周囲を巻き込んで新しいことを始めるためには、自身から修羅場へ飛び込む勇気が必要です。

修羅場とどのように向き合い、自身を成長させていくのか。この講演録からは、そのヒントを見つけることができます。

ご自身の成長、そして部下の育成にお悩みの方々に、是非ご一読いただきたい講演録です。

日産自動車講演「逆風下のリーダーシップ 修羅場が人をつくる」目次

カルロス・ゴーンのリーダーシップは他の人と何が違ったのか?

経営危機が続く中でカルロス・ゴーンがとった行動とは?

日産が不振だった5つの原因とは何か?

日産の回復につながった5つの中期経営計画とは?

インドネシアで見えた日本の危機とは?

ジャック・ウェルチ氏のビデオで受けた衝撃のリーダーシップとは?

仕事ができる人とリーダーの要素は何が違うのか?

チームの力を引き出すナレッジとは何か?

リストラと同時に行った成長戦略とは?

ゴーンがとった大胆な中国進出の戦略とは?

リーマンショックでゴーンがとった対応とは?

リーダーの資質を備えるために大事な行動とは?

成功するリーダーの4つの教訓と志賀語録とは?

無料プレゼント受取用フォーム

こちらのフォームに入力して、「今すぐ【無料プレゼント】を受け取る」をクリックしてください。
ダウンロードURLをお送りします。

※日本能率協会が発行する無料メールマガジンに登録させていただきますが、ご不要であれば簡単に配信解除できます。

一般社団法人日本能率協会

〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル14階
一般社団法人 日本能率協会
経営人材センター ものづくりチーム
TEL:03-3434-1410 / FAX:03-3434-3593
E-mail:seisan@jma.or.jp

JMAマネジメント・インスティチュート(JMI)では、開講式だけではなく、プログラム全体を通じて、魅力的な講師陣にご登壇していただきます。
また、JMIでは、様々な講演で得た気づきを同期の仲間たちとディスカッションし、ぶつけ合う事で、新しい気付きを生み出しながら理解を深めていきます。

JMIでは、異業種交流と他流試合が積極的に行われる場の提供を心がけております。ご興味のある方は、是非、一度お問い合わせください。